最近、着てみたいなと思っているかたも増えているのではないでしょうか。
オフショルダーのトップス173.png

今季のトレンドアイテムとあって、エレガントなものからカジュアルなものまで、色々なデザインのものを見かけますね。

e0219353_11383689.jpg

若い女の子が溌剌と肌をみせるのも可愛いし、大人の女性がさりげなく肩をみせるのも素敵だなと思います。

e0219353_11383615.jpg

大人の女性が着る場合は、腕のつけねが見えないくらいの落ち加減のものなら”やりすぎ”にならなくってトライしやすそう。

わたしはカジュアル派なので、シャツっぽいものやちょっとクラフト感?のある刺繍が入ったようなものが欲しいなと思っています。

e0219353_11383448.jpg

カットソーやサマーニットなんかも着やすそう。

e0219353_11383558.jpg

いつものボトムスにさらっと着るだけで旬なムードをプラスしてくれますね。
(わたしは個人的にこの右のスタイリングが好き!シルク?の裾レースのワイドパンツ162.png


・・・で、オフショルダーやベアトップを着るときに、結構困るのがランジェリー選びではないでしょうか。

というわけで、おすすめランジェリーをピックアップしてみました♪


More...(続きを読む)
[PR]
# by lagouttesucree | 2017-05-17 13:33 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
CHECK THE DATE!

「6/2-4」の3日間、渋谷にてポップアップショップをOPEN☆彡
予約不要ですので、ふらりと遊びにいらしてください♪

e0219353_18264134.jpg

◆日時
6/2(金) 14:00-19:00
6/3(土) 13:00-19:00
6/4(日) 13:00-19:00

※チャージフリー。
※予約不要。
※男性のご来店は、女性同伴にかぎりOKです。
※会場ではクレジットカードはご利用いただけません。
 ご希望の場合は事前に当店HPより会員登録をお願いいたします。
 (後日web決済→発送)

◆会場
150-0002 渋谷区渋谷1-17-1 TOC第二ビル 406 THE PLACE内

e0219353_15555230.jpg

小さめの会場になりますが、お友達と誘いあわせたり、インポートランジェリー初心者さんも気軽に脚をはこんでいただくきっかけになったらうれしいです。

場所は渋谷駅近くのビンテージビル内。
1Fがカフェなので、カップルやお友達といらして当店の雰囲気が無理っぽかったら(笑)後で待ち合わせ、などもしやすいかも。


ExiliaやAbsolutely Pomなど、流通の限られたブランドのサイズ感を試してみたかった方はよい機会になるかと思います。
また、いろんな海外ブランドのサイズやフィッティングの癖を体感していただけるので今後のランジェリー選びのご参考にも173.png

HP掲載商品のなかから季節のおすすめと、アップできていない新作のインポートランジェリー、ナイトウェア、ビーチウェア、などたくさんご用意してお待ちしています♪

(セール品は基本的に持っていきませんので、見たいものがある場合は事前にお問合せくださいね。)

それでは、皆さまにお会いできますこと、スタッフ&ランジェリー共々楽しみにしています!


商品の性質上、他のお客さまのご迷惑になると判断した際はご退出いただく場合がございます。
インポートランジェリーの夢のある世界観をたのしんでいただけましたら幸いです。

---------------------

◆今後のイベントスケジュールについて
※2017/10/28(sat) -29(sun) @Tokyo =受注・販売会 / 予約制




[PR]
# by lagouttesucree | 2017-05-13 20:21 | Comments(0)

少し間があいてしまいましたが、3/25-3/26の春のイベント、無事終了いたしました。
お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

e0219353_23214074.jpg

AWの個人オーダーやお買い物など、それぞれお目当てや新しいブランドとの出会いを楽しんでいらっしゃる様子がとても嬉しかったです。

e0219353_23214088.jpg

事前にメッセージをいただいた方にはご希望に沿うものをご提案できたかなと思うのですが、初めて参加された方や遠慮がちなかたになかなかお声がけなど行き届かなかったのが心残りです。
また機会がございましたら、ぜひご遠慮なく色々ご希望をお聞かせくださいね。

e0219353_23203014.jpg

皆さまともっとお話ししたかったなあというのが本当のところです・・・。(笑)

色々と反省しつつ、当日の様子を写真でみるのもまた楽しいものですね。
お越しになったかたも、なかなか来れないかたも、一緒に眺めてたのしんでいただけたら幸いです。

e0219353_23203088.jpg



More
[PR]
# by lagouttesucree | 2017-04-08 00:16 | Comments(0)

3/25-3/26 イベント開催♪

ブログでのご案内が遅くなってしまいました。

3/25-3/26、恒例の春の販売イベントを開催いたします♪

今回は恵比寿での開催。
お隣が公園で、光がたっぷり入る素敵な場所です。

桜が咲きはじめているといいなあ。


e0219353_17234546.jpg


3/25は、女性のみ。
3/26は、カップルもウェルカムです。

お近くのかた、ご都合のあうかたはぜひ遊びにいらしてくださいね♪


e0219353_17241064.jpg


今回、入荷情報や速報などは、Instagramでご紹介しています。
ブログのほうにちょっと手が回らない状況ですので、気になるかたはインスタをチェックしていただけますと幸いです。

インスタやってないよーというかたは、Twitter から、当店インスタとブログの更新状況をチェックしていただけます。

ではでは、いつもの皆さまも、初めてご来店される皆さまにも、お会いできますこと楽しみにしております♪







[PR]
# by lagouttesucree | 2017-03-21 17:50 | イベント(自店) | Comments(0)


ELLE ONLINE の「Lingerie Journal」でもおなじみ、川原さんがシェアしてくださった動画が素敵でした。

レースがお好きなかたはぜひご覧になってみて!


とても美しい映像です。

フランスの高級レースの代名詞でもある、カレーレース(フランス北部の町カレーで生産されるリバーレース)がどのように作られているのか、眺めていると溜息と眩暈。


2万本もの細い糸をつかって複雑に撚りあわされ、繊細な柄が浮かびあがっていきます。

アイラッシュができる部分などなんだか目頭が熱くなりました。(笑)

幅広のレースを作ることがどれだけ難しいかを想うと、接ぎあわせのない仕立てのベビードールやスリップの贅沢さに改めて驚きを覚えます。


(映像のなかではだーーっと幅があるようにみえますが、同柄のレースを並べて一辺に生産していて、実際には幅はカットされます。

幅のあるレース柄はミスが出やすく生産が難しいのだそうです。

また、これはうろ覚えなのですが、柄によっては長さも10m以上を一度につくることが難しいと聞いたことがあるような…詳しいかたがいらしたらぜひ教えてください。あやふやですみません。)


e0219353_16524858.jpg


気の遠くなるような工程を経てつくられたリバーレースを、さらに柄が綺麗に身体にのるようにデザインし、そして左右対称になるようにカットし縫製していく際に、どうしても製品にならない部分も出るでしょう。

それもコストに含まれていることを考えると、高価といわれるランジェリーの価格もまた違って見えてくるかもしれません。


そして、試行錯誤されるであろうデザイナーさんや現場の方々の仕事ぶりにもあらためて敬意を感じずにはいられません。


e0219353_16544317.jpg


リバーレースは、手仕事のレース(アンティークレース)に最も近い表現ができる機械レースと言われますが、こんなに膨大で繊細な工程を経るからこその、デリケートな陰影なのですね。

お肌にレースが浮かびあがったときの美しさや圧倒的な高揚感は格別です。


e0219353_17001634.jpg

こちらはAbsolutely Pomで使用されているリバーレースの写真なのですが、透明感がありとても繊細な表情。


e0219353_17103633.jpg

こちらがラッセルレース。

リバーレースより簡素化された工程で、量産が可能なレースです。


わかりやすい画像を選んだので、ちょっとイジワルな比較になってしまいますが。

そもそも用途やコンセプトが全く異なりますし、素材も違いますので参考程度にご覧いただけますと幸いです。



フランスのリバーレースのお話しからはじめましたが、実は日本にもリバーレースを生産している会社があります。

こちらの記事にわかりやすくまとめられていましたので、ご興味のあるかたはどうぞ。


軽やかで洗練されたインポートランジェリーに憧れてやまないかたも多いと思いますが、実は日本生まれのリバーレースも採用されていたりするのです。(!)

e0219353_17254716.jpg

Aubadeの2011年のこちらのコレクション、大好きなかたもいらっしゃるのでは?

繊細なレースとプリーツの組み合わせに抗えずわたしも購入していたのですが、後日日本のレースが使われていると教えていただきとてもびっくりしました。

そしてなんだかとても誇らしい気持ちに!


クローゼットのなかの大切にしているフランスやイタリアのランジェリーに、実は秘かに身近で生まれたレースも息づいていると想像するとわくわくしませんか?


美しさに惹かれてお迎えしたランジェリーたちに、見えないたくさんの物語が詰まっているものですね。

そう思うと、さらに愛でたくなってしまうのです。


e0219353_17074223.jpg

最後に美しいレース使いのスリップたちを追記しておきますね。

よかったらご覧になってみてください。










[PR]
# by lagouttesucree | 2017-02-04 17:40 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

洗練されたランジェリーや美しくフェティッシュなアイテム。とっておきのお菓子のように毎日を"ちょっと特別"にしてくれる 、秘かなドレスアップの愉しみ。


by lagouttesucree