カテゴリ:ランジェリーよもやま( 51 )


ELLE ONLINE の「Lingerie Journal」でもおなじみ、川原さんがシェアしてくださった動画が素敵でした。

レースがお好きなかたはぜひご覧になってみて!


とても美しい映像です。

フランスの高級レースの代名詞でもある、カレーレース(フランス北部の町カレーで生産されるリバーレース)がどのように作られているのか、眺めていると溜息と眩暈。


2万本もの細い糸をつかって複雑に撚りあわされ、繊細な柄が浮かびあがっていきます。

アイラッシュができる部分などなんだか目頭が熱くなりました。(笑)

幅広のレースを作ることがどれだけ難しいかを想うと、接ぎあわせのない仕立てのベビードールやスリップの贅沢さに改めて驚きを覚えます。


(映像のなかではだーーっと幅があるようにみえますが、同柄のレースを並べて一辺に生産していて、実際には幅はカットされます。

幅のあるレース柄はミスが出やすく生産が難しいのだそうです。

また、これはうろ覚えなのですが、柄によっては長さも10m以上を一度につくることが難しいと聞いたことがあるような…詳しいかたがいらしたらぜひ教えてください。あやふやですみません。)


e0219353_16524858.jpg


気の遠くなるような工程を経てつくられたリバーレースを、さらに柄が綺麗に身体にのるようにデザインし、そして左右対称になるようにカットし縫製していく際に、どうしても製品にならない部分も出るでしょう。

それもコストに含まれていることを考えると、高価といわれるランジェリーの価格もまた違って見えてくるかもしれません。


そして、試行錯誤されるであろうデザイナーさんや現場の方々の仕事ぶりにもあらためて敬意を感じずにはいられません。


e0219353_16544317.jpg


リバーレースは、手仕事のレース(アンティークレース)に最も近い表現ができる機械レースと言われますが、こんなに膨大で繊細な工程を経るからこその、デリケートな陰影なのですね。

お肌にレースが浮かびあがったときの美しさや圧倒的な高揚感は格別です。


e0219353_17001634.jpg

こちらはAbsolutely Pomで使用されているリバーレースの写真なのですが、透明感がありとても繊細な表情。


e0219353_17103633.jpg

こちらがラッセルレース。

リバーレースより簡素化された工程で、量産が可能なレースです。


わかりやすい画像を選んだので、ちょっとイジワルな比較になってしまいますが。

そもそも用途やコンセプトが全く異なりますし、素材も違いますので参考程度にご覧いただけますと幸いです。



フランスのリバーレースのお話しからはじめましたが、実は日本にもリバーレースを生産している会社があります。

こちらの記事にわかりやすくまとめられていましたので、ご興味のあるかたはどうぞ。


軽やかで洗練されたインポートランジェリーに憧れてやまないかたも多いと思いますが、実は日本生まれのリバーレースも採用されていたりするのです。(!)

e0219353_17254716.jpg

Aubadeの2011年のこちらのコレクション、大好きなかたもいらっしゃるのでは?

繊細なレースとプリーツの組み合わせに抗えずわたしも購入していたのですが、後日日本のレースが使われていると教えていただきとてもびっくりしました。

そしてなんだかとても誇らしい気持ちに!


クローゼットのなかの大切にしているフランスやイタリアのランジェリーに、実は秘かに身近で生まれたレースも息づいていると想像するとわくわくしませんか?


美しさに惹かれてお迎えしたランジェリーたちに、見えないたくさんの物語が詰まっているものですね。

そう思うと、さらに愛でたくなってしまうのです。


e0219353_17074223.jpg

最後に美しいレース使いのスリップたちを追記しておきますね。

よかったらご覧になってみてください。










[PR]
by lagouttesucree | 2017-02-04 17:40 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
ランジェリールックが旬のせいか、Instagramを眺めていると海外のランジェリー好きさんたちの「ブラみせ」っぷりが目をたのしませてくれます。

ということで、今回はブラジャー編。
この夏人気だったスタイリング例をご紹介してみますね。

トップスからあえて透けさせるのも、今年はベーシックな着方のひとつになった感。
e0219353_18452540.jpg

(@underneathmysilk)

e0219353_1854329.jpg

(@maisonfifichachnil)

胸もとからレースのブラをチラリ。
e0219353_18181584.jpg


More...
[PR]
by lagouttesucree | 2016-09-08 19:07 | ランジェリーよもやま | Comments(2)
久々にみかえした映画にきゅんときてしまい、言いたいきもち。
「ハートのクッキーおくれ!」
または、「ハートのクッキーあげたい!」

e0219353_18111764.jpg


Buffalo '66、若いころとはちょっと違う見方をしていることにほろ苦くも愛しい気分になったり。
だけど、時がたってもやっぱりチャーミングでフォトジェニックな映画でした。
音楽もすてき。



More...
[PR]
by lagouttesucree | 2016-08-31 18:56 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
「ランジェリーをアウターに」

2回目は、ペチコートについて。

当店では、マニアックなランジェリーラヴァーズに人気のペチコート。
イベントでお客さまにお会いすると、皆さまとっても素敵に着こなしていらして、わたしもがぜん嬉しくなってしまいます。

とはいっても、まだまだお持ちでないかたも多いアイテムではないでしょうか?
1枚あるとアウターからみせるコーディネートが膨らむ、楽しいアイテムです。

e0219353_3264130.jpg

1)スカートとレイヤード

スカートのすそやスリットからのぞかせるレイヤードスタイル。
お手持ちのスカートの雰囲気がぐっと変わります♪

また、シフォンなど透け感のあるスカートのインにいれてうっすらとレースを透けさせても素敵!

e0219353_3234286.jpg

2)インナーをいれて、スカートとして着る

レースやチュールのペチコートのインに、もう一枚重ねてスカートとして着てしまうコーディネート。
"ランジェリールック"が旬の今年は、シルクのスリップと重ねてドレスとしてお召しになっても可愛いと思います♪

e0219353_359541.jpg


今年は当店ではすでに完売状態なのですが、皆さまのもとへ旅立ったペチコートたちがアウターとしても活躍していたら楽しいな、と想像しています♪

また素敵なペチコートを見つけたら入荷するようにしようっと!

e0219353_3322671.jpg

(Les Jupons de Tess)


◆ランジェリーブランドのアウター商品一覧はコチラから→

◆キャミ・スリップの商品一覧はコチラから→
[PR]
by lagouttesucree | 2016-06-25 03:32 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
「ランジェリーをアウターに」

気になりつつ、だいぶあたためてしまった記事です。(笑)
何度かにわけてシリーズで投稿したいと思っています。

今回は、プレーンなシルクスリップについて。

ランジェリー好きにはうれしい、トレンドの傾向。
"ランジェリールック"にとくに注目が集まっているようですね。

ファッション誌をながめていても思わず目がとまることが多いこの頃です。

ちょうど、今季当店ではシルクスリップに力をいれていて、イタリアものならではの綺麗なカラーのものがたくさん入荷したので、まずはプレーンなスリップから。

スタイリングのヒントに?コーディネート例をまとめてみました。

e0219353_230612.jpg

1)ボトムにインしてアウターとしてみせる

1枚では露出が気になるようでしたら、ジャケットを羽織ったり、透け感のあるブラウスをかさねて♪
ビーチでは水着をあわせて1枚で着ても素敵だと思います。

e0219353_214506.jpg

2)そのままドレスとして

一枚でさらっとドレスとして着てしまうのも、今年っぽいですね。
願わくばこのままスタンダードなスタイリングとして定着しますように・・・!

e0219353_18483062.jpg

3)レイヤードでカジュアルダウン

好みがわかれそうですが、わたしは好き!なカジュアルコーディネート。
エレガントなロング丈のスリップに、スニーカーやTシャツ、デニムを合わせるmix感がかわいいです。
短め丈のスリップなら、ベルトをあわせてチュニックのように着ても♪

e0219353_18504016.jpg

4)透けるドレスのインに

シフォンや透け感のあるアウターのインに。
あえて色のコントラストを効かせて遊んでも楽しそうです♪

e0219353_12571339.jpg

5)レース素材と重ねて

レースのドレスやブラウス、スカートとあわせて。
お手持ちのレースキャミやスリップとあわせるとアウターとしても着回ししやすくなりますね♪

e0219353_18594733.jpg

たとえば、Ritrattiのレースのベビードールのなかに、Luna di Setaのシルクスリップをいれて。

e0219353_190274.jpg

色をあわせると、すっきり。

e0219353_1925489.jpg

インポートならではの綺麗なカラーをいかしてあえて外しても、おもしろい発見がありそうです♪

ランジェリーがトレンドのメインストリームに躍り出た今シーズン、ぜひアウターとしてのコーディネートもたのしんでみてください♪


◆キャミ・スリップの商品一覧はコチラから→

◆ランジェリーブランドのアウター商品一覧はコチラから→
[PR]
by lagouttesucree | 2016-06-21 19:08 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

和装とランジェリー

ひょんなことから踊りのお稽古に通いはじめて半年ほどたちました。
着物を普段も着るようになってからは一年ほどでしょうか。

それで、最初から気になっていたのが和装とランジェリーの関係。

今回は個人的な趣味としてのランジェリーと和装のお話し、です。

e0219353_16385377.jpg


More...(続きを読む)
[PR]
by lagouttesucree | 2016-04-20 17:17 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

Frida

シャンタル・トーマス 2016 S/Sコレクションのミューズ、"フリーダ・カーロ"についてよく知らなかったので、この映画をみてみました。

▼映画 「Frida」 公式サイト
e0219353_1231754.jpg


とても面白くて、おすすめです。

メキシコの強い色彩と、壮絶な痛み。言葉を失いました。

聡明で勇敢。
美しく、自立していて、辛辣でユーモアがあって。情熱的。
そして繊細な女性。
同時代に生きていたら、会ってみたかった。

映画のなかのファッションやインテリア(恐らくかなり忠実に再現されているのではないでしょうか)などもとっても素敵でした。

特にこちらのブログで紹介したいのは、やっぱりナイティやガウン、寝具など。

e0219353_13195.jpg

ジャカード織の光沢のきれいなガウン、こんなの欲しいなあとか

e0219353_1311939.jpg

コットンのたっぷりとしたネグリジェはレース使いが素敵で目が吸い寄せられたり

e0219353_1313253.jpg

こんなの着て夏の夜を過ごしたいなあと思ったり
ベッドに写真ぺたぺた貼ってあるのたのしいなあとか

e0219353_1314643.jpg

刺繍がかわいい!
(画像は映画の画面をキャプチャしています)

フリーダ・カーロの作品はなんとなく見たことがある程度だったので、展覧会があったらぜひ生で作品を感じてみたいと思いました。

e0219353_149345.jpg


レシピブックなんかも出てるみたい♪
お気に入りの今季のシャンタルのランジェリーを着て、ホームパーティーなんてしてみても楽しそうね。
もちろんお酒はテキーラで!
e0219353_2281728.jpg



心ひかれたランジェリーから、こうやって文化やアート、コレクションのミューズとなった女性たちを紐解いていくことがわたしはとても好きです。

そしてそのコレクションの意味をより深く知って、愛着をもって身につけること。
それは憧れや願いを身にまとう行為でもあるのかもしれませんね。

ランジェリーを消耗品と捉える方も多いけれど、いえいえどうして。

美しいランジェリーを身につけることは、けしてただの浪費や無駄ではなく、心と自身のまわりの世界を豊かにもしてくれます。

わたしにとって、そしてわざわざこのブログを見てくださるランジェリーラヴァーズにとってもきっとランジェリーはただの消耗品や贅沢品ではなく、人生に喜びをもたらす大切な存在です。

ただ好きだったものが、いつのまにかにね。(笑)
ランジェリーっておもしろいですね。




[PR]
by lagouttesucree | 2016-03-05 02:00 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

春まち顔のランジェリー

ランジェリーでとくに好きな色合い、というのは皆さんそれぞれお持ちだと思うのですが、わたしにも勿論あります。

ひとつはホワイト×ブラック。
以前こちらのブログ記事でも書いたことがありました。

そしてもうひとつ、とくに梅春のこの時期に着たくなる色があります。
それはグレー×ピンクのくみあわせ。

e0219353_1215960.jpg


まだ冷たい風のなかに春の香りや光が少しずつ濃くなっていく季節に、わたしにとってとくに気分にしっくりくる色です。

e0219353_1216834.jpg

このグレーのブラジャーはAubadeの"Tokyo in Love"というシリーズ。
レースのモチーフや組み合わせかたも、水引みたいな几帳結びのディテールも大好き!

e0219353_12161976.jpg

レースがとってもやわらかくて着心地がソフトなのもお気に入りのポイントです。
旅行や移動が長い日にもつい手がのびます。

1-2年ほどまえのコレクションと記憶しているのですが、倉庫を整理していたら数点だけ在庫が出てきました。
気になるかたがいたら当店HPをチェックしてみてくださいね♪
(お揃い! 笑)

ピンクのシルクガウンとフレアショーツは、Luna di Setaのもの。
こちらは3月にHPへアップ予定です♪

e0219353_12353061.jpg


皆さまがこの時期とくに手に取りたくなるのは、どんなランジェリーですか?
[PR]
by lagouttesucree | 2016-02-17 12:22 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

最近気になるアイテム

最近なんだか気になるランジェリーまわりのアイテム。

それは、ボディビジュー。

今季のParahのものがとても素敵でした。(完売しています)
e0219353_21482051.jpg


華奢なチェーンに、ラインストーンをはめ込んだサークル状のモチーフがアクセントになって。
e0219353_21504480.jpg


e0219353_21505965.jpg

イメージビジュアルのようにブラ・ショーツとあわせてもよいし、スリップの上からつけても面白そう。

もちろん、素肌にボディビジューだけ!の挑発的なスタイルに、べビードールやガウンを纏っても♪

e0219353_21485550.jpg

こちらはLes Jupons de Tessのビジュアル。
このブランドはパールが好きなようです。うん、パールも素敵よね!

ランジェリーと合わせるだけじゃなく、アウターとのスタイリングも面白そう。

シンプルなドレスのうえから重ねたり、シルクキャミやシャツの首元から覗かせたり、背中のあいたトップスとあわせたり・・・。
妄想がふくらむ楽しいアイテムです♪

2016年の秋冬コレクションでも素敵なものを見つけました。
だいぶ気が早いですが、今から入荷がたのしみです053.gif
[PR]
by lagouttesucree | 2016-02-04 22:07 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
毎年この時季になると秘かに需要が増すアイテム。

それは何かというと....ガーター用ストッキング!
e0219353_2058747.jpg


とくに今年はKriss Soonikのサスペンダートップとのコーディネート買いが目立ちます♪

華やかなおよばれが増えるシーズンだし、ちょっとスペシャルなお洒落をたのしみたいですものね。

e0219353_2103737.jpg

かわいい!
グリッターの入ったものやモコモコのトップスは当店未入荷アイテムなのですが、Kriss Soonikのオフィシャルオンラインショップのほうへは入荷しているようです。

当店ではもう少しシック&プレーンなタイプのトップスが人気。
e0219353_2145072.jpg


こちらはデザイナーのKriss提案のコーディネート。
カジュアルダウンしてもドレスアップしても、そしてお部屋着としても活躍してくれるたのしいアイテムです。
e0219353_2151822.png


今まで気になりつつも、ガーターストッキングになかなか手が出なかった方、結構いらっしゃると思うのですが、こんなトップスとならトライしやすいのでは。

なめらかなストッキングに丁寧に脚をとおして吊りあげていく一連の動作や、脚に意識がむく着心地も、格別な高揚感をもたらしてくれるはず!

そしてランジェリーラヴァーズーの皆さまには、ぜひガーターベルトもおすすめしたい次第♪
e0219353_21143853.jpg

*Chantal Thomass "So Shocking"


ガーターベルトひとつで、ランジェリーのコーディネートが格段にスペシャルなものに。
e0219353_21181417.jpg

*Aubade "Bahia Couture"


ボトムと一体型のこんなアイテムも、ランジェリーのコーディネートの幅をひろげてくれてたのしいです。
e0219353_21182661.jpg

*Aubade "Swinging Night"

お洋服のしたにセンシュアルな遊び心をしのばせて、ぜひ素敵なホリデイシーズンをおすごしください♪
e0219353_21192280.jpg


◆ガーターベルト、ガーター付きアイテム、ガーター用ストッキングの一覧はこちらから→

[PR]
by lagouttesucree | 2015-12-14 21:20 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

毎日を"ちょっと特別"にしてくれる 、秘かなドレスアップの愉しみ。洗練されたランジェリーやうっとりする肌触りのルームウェアを扱うセレクトショップです。HPはこちら→ http://www.lagouttesucree.com/


by lagouttesucree