カテゴリ:ランジェリーよもやま( 48 )

究極の色

5月のイベントの時でした。
取引先のバイヤーの方と、デザイナーの方とが、お二人で寄ってくださったのですが、ランジェリー談義のあいまについこんな質問をしてしまいました。

「もし今後、一生"この色"のランジェリーしか着られない、っていうことになったら、何色をえらびますか?」

e0219353_15264211.jpg


ちょっとびっくりしたお顔をされたあと、お二人とも「うーーーーーん」と唸りはじめました。
本気で悩んでいらっしゃるのが可愛らしい♪

e0219353_15302665.jpg


しばらく悩んだあと、バイヤーさんが選んだのは、「ブラック」。
シックで知的な、その方らしいセレクトでした。
長くインポートランジェリーを見て愛してこられた方の、洗練された審美眼に叶う「ブラック」。

そしてデザイナーさんが選んだのは。
レッド、鮮やかなレッド」。
C.Thomassの色出しのような、すかっとキレのある赤を想像しました。
セクシーで遊び心が滲み出るようなキャラクターの彼女の、どうやらテーマカラーのようです。
白い肌にもとっても映えそう。
こちらもとっても"らしく"て、うれしくなるようなお返事でした。

e0219353_15523497.jpg

(Photos by Jun)

さて、わたしはというと、迷うことなく、「ホワイト」。
わたしにとっては、いろんな意味で究極のカラーです。

同業者同士でも、好みはみごとに三者三様で、なんだかものすごく盛り上がったのでした。


あなたにとって究極のランジェリーは、「何色」ですか?


(この記事の画像はすべて3月のイベントのものです、5月のものではありません。)
[PR]
by lagouttesucree | 2015-09-03 15:59 | ランジェリーよもやま | Comments(2)

ランジェリーで涼をよぶ

朝からの暑さに身体も気持ちもダルくなりがちですね。

そんな日は、(というかこのところ毎日ですが)、目から涼をよぶランジェリーを選んでみて。
気持ちをリフレッシュさせてくれます。

わたしがこのところ手がのびるのは、断然ブルーのランジェリー。
目に涼しいだけでなく、体温も少しさげてくれるような気がします。

赤い下着が血行を促進してくれることはよく知られていますが、人は肌からも色を感じているようですよ。

画像のものだけでなく、なつかしいコレクションもまだまだ現役で活躍してくれています。

e0219353_22441330.jpg


Aubadeの一枚ものはやっぱり身に着けていて気持ちがよいです。
夏に特にそう感じるのは、涼しくてバストも綺麗にリフトアップしてくれるからでしょうね。

e0219353_2246398.jpg


お店のほうにも、この時期におすすめしたいブルーのランジェリーの特集ページをつくってみました。
よかったらチェックしてみてくださいね。 (→ブルーのランジェリー一覧はこちら)

e0219353_2257369.jpg

e0219353_22572195.jpg

e0219353_22574355.jpg


e0219353_22585238.jpg

e0219353_2259256.jpg



さて、ついでに亜熱帯のようなこの夏をのりきるためのアドバイスもご紹介してみます。

More...(続きを読む)
[PR]
by lagouttesucree | 2015-07-31 23:12 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
画像の整理をしていたら、素敵な写真をみつけました。

Chantal Thomass 本店(おそらく)のウインドウディスプレイ。
e0219353_13412930.jpg


これは3月頃のものだと思うのですが、たのしいですね。
雨の日にこんなウィンドウの前を通ったら、うきうきした気分になれそう♪

シャンタル女史自らが手がける本店のショーウィンドウは、いつも素敵。
目をたのしませてくれるだけでなく、夢がありますよね。

こんなのもありました。レースのあいまにトルソーがのぞいて。
妄想をかきたてられるファンタジックな演出♪
e0219353_1344470.jpg


さてさて、天気予報をみたら今週の東京は雨が続きそう。

雨の日はわたしはすごく眠くなってしまうので、仕事をさくさく進ませたい時には、目を覚まさせてくれる綺麗な色のランジェリーに手がのびます。

今ならこんなランジェリーが気分。ブルーを効かせた配色に、滲んだような柄も素敵。
e0219353_13505157.jpg

e0219353_1351565.jpg

e0219353_13513165.jpg

Absolutely Pom "Gwendolyn"
小さく瞬く刺繍を水滴に見立てて着たくなります。
e0219353_13583575.jpg


フレッシュなライムイエローも、爽やかで明るい気分を運んでくれそう。
e0219353_13593825.jpg

Kriss Soonik "Susan Lace Top - Lime"
少し青味の入ったカラーやヴィヴィッドなカラーが得意な方は、瞳がきらきらしてお顔が生き生きとして見える色です。
木々が青々と茂ってくる季節なので、濃くなってきたグリーンのなかに淡く発光するようなこんな色のランジェリーやトップスを着ているのも、素敵。
e0219353_13594945.jpg


今回は気分を明るくしてくれるランジェリーを紹介してみましたが、あえてアンニュイな気分にひたってゆっくり過ごしたい日や、イライラを沈めてやさしい気分になりたい日もあるかと思います。
そんな日におすすめしたいランジェリーの選び方も、こちらのブログ記事で紹介しています。
よかったらあわせてご覧くださいね。

気分が沈んだり体調を崩しやすい梅雨時ですが、ランジェリーの力もかりて、雨の日をたのしんでみてくださいね♪
[PR]
by lagouttesucree | 2015-06-16 14:07 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
先日、所用で伊勢丹新宿店へ寄ったのですが、ちょっとだけ時間があったのでランジェリー売り場をのぞいてみました。
ら。
出会ってしまいました、春の木漏れ日のような透明感をたたえたこのこに。

e0219353_1450283.jpg

画像は色がうまく出なかったのですが、淡いイエローのリバーレースに、セージグリーン×オレンジのプリントをのせたシルクのくみあわせ。

若葉のあいだからきらきらとこぼれる光のような、やさしくフレッシュなムードのランジェリー。

気になって手に取ると、ちょうど一年前に展示会で見かけて気になっていたブランド、"Lili Piache"(リリピアーチェ)のものでした。

"Lili Piache"は、日本人デザイナーによる、NY発のランジェリーブランド。
色彩やかで、香り芳しく、優雅・・・そんなお花をイメージしているそう。

美しい花々が与えてくれる幸福感や女性としての喜びを届けられるように、という思いがこめられたランジェリーたちは、たおやかでフェミニンな表情のものが多い印象です。

新鮮なのにどこか親近感を覚える配色も、重ねの色目を想わせるような・・・なんて妄想をふくらませてしまいます。
NYらしい都会的な印象がありながら、日本の四季にも美しくなじむというか。

サイズや予算や時間の関係で、その日はこの1セットだけ連れて帰りました。
この辺もフィッティングがよかったので、後ろ髪をひかれつつ・・・。(笑)
e0219353_158478.jpg


こちらのブランド、小売店では現在ほとんどお取り扱いがないようなのですが、4/14(今日まで!)伊勢丹新宿店にポップアップショップを出店されているそうです。
続いて、5/13から阪急うめだ本店にも登場するそうなので、お近くの方はぜひあしを運んでみては。

こちらでご紹介した以外にも、ミントグリーンのコットンレース(大好物な方多いのでは)や、ぱきっとしたイエローのシルクサテン、菫色がかったブルーのレース×シルクプリントのシリーズなどなど、目に触れるだけでも心躍るようなランジェリーがたくさんありました。

それから、こちらのブランドはブラ・ショーツ以外のランジェリー類も実は可愛いのです。
ルームウェアがお好きな方は、売り場に見あたらなかったらスタッフさんに聞いてみて!(笑)

大阪は行けない~という方は、Lili Piacheのオフィシャルホームページよりお買い物できるそうです。

e0219353_15333281.jpg

このところ東京は雨が多くて明るい陽射しが恋しいのですが、綺麗な色のランジェリーをお洋服の下にしのばせて、足取りも心も軽やかにすごせたらなと思います。

そう、そして桜につづいてもうすぐハナミズキの季節!
のびやかに上をむいて咲くちょっと不思議なこのお花越しに、空をみあげるのがわたしはとても好きです。
今年は木漏れ日色のランジェリーと一緒に、って思うとまたたのしみも大きくなります♪
[PR]
by lagouttesucree | 2015-04-14 15:29 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
「くらしのこよみ」というアプリが好きです。
その時々の、二十四節気と七十二候のこよみの解説とともに、季節の俳句や旬の食材、祭事などが紹介されています。

久しぶりにのぞいてみたら、今の暦は「大雪たいせつ / 第六十二候 熊蟄穴くまあなにこもる」。

しんしんと冷えこみが厳しくなって雪が降り、お部屋にこもりたくなるいまの気分にとてもしっくりくる暦で、なんだか笑ってしまいました。

くま、あなにこもる。

そんなあなごもり気分の方にぜひおすすめしたいのが、お部屋で過ごす時間を格段にハッピーにしてくれるアイテムたち。

e0219353_121062.jpg


下着屋をしていて本当によかったなあと毎年しみじみ思うのもこの季節です。
というのも、上質なルームウェアの着心地がどれだけ幸せな気分をもたらしてくれるか、知ることができたから。

e0219353_1295072.jpg


画像は個人的に愛用しているフランスのブランド、「Le Chat」の今季コレクション。
当店HPでは現在扱っていませんが、キュートなパリジェンヌ、のイメージのお部屋着が好きな方には、とってもおすすめのブランドです。
みための可愛さだけでなく、生地感や縫製もしっかりしているの。
(来春INESのラインを取扱い予定です。要チェック!)
e0219353_1250499.jpg


わたしはこの[Le Chat]のナイティに、[Grazia'LLiani]のモヘアニットやガウンを重ねて着ているのですが、これが至福053.gif

お部屋着としてはちょっと割高に思われるかもしれませんが、すっぴんのお顔が明るくみえるナイティや、羽衣のように軽くやわらかい着心地のニットやガウンにくるまれるあたたかさ、安心感、ゆったりとした気分は格別です♪

e0219353_12244524.jpg

身体が本当に楽~で快適なので、なんだかんだと毎日のように着ることになって、コスパで考えると結局とてもお得だったりします。
モヘアニットなら、アウターも兼用できるしね♪

なので、ひとつ上質なルームウェアを冬のワードローブにぜひ追加してみてはいかがでしょう。

e0219353_122126.jpg

わたしが今季自腹がいして特に気に入っているのが、[Grazia'LLiani]のマイクロフリースのガウン
羽織った時の軽さに思わず感動してしまいました。

そして特筆すべきもう一つの点は、極上のスムースな肌触り。
e0219353_12305965.jpg


パートナーとハグした時にも、そのやわらかさに「きもちよいね」っていつもよりたくさんぎゅっとしてもらえるかも?(笑)

ボタンもひそかにきらきらで可愛いかったりします♪
e0219353_12301768.jpg


このガウン、毛羽もたちにくいし静電気も起きないし、着心地はよいしで、すごーく気に入っているんですが、ひとつだけ難を言うと、デザインの可愛さから袖口がゆったりしたタイプを今季はオーダーしたので、手首がちょっと冷えやすいかも。
中にお召しになるナイティは袖口がきちんと閉まったものを合わせていただくとよいと思います。

春先にはシルクのスリップやキャミ一枚に軽く羽織ったりしても素敵♪
e0219353_13104085.jpg


つらつらと書いてしまいましたが、お部屋で過ごす時間にハッピーな気分を運んでくれるルームウェアは、大切な方へのギフトにも本当におすすめです♪

幸せすぎてお部屋から出たくなくなってしまい、出不精になるおこもり現象にはご注意ください。(わたしもです。笑)

e0219353_12524099.jpg



こちらは個人的に大好きな組みあわせで、お部屋着のコーディネートを遊んでみた記事です。
よろしければご一緒にどうぞ♪
◆モヘアニット×ランジェリーで遊ぶ
[PR]
by lagouttesucree | 2014-12-16 12:45 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
このところ雨で肌寒かったり夏日になったりで体調を崩される方が多いようです。
アウターや巻物でうまく温度調節してあげてくださいね。

どうも調子がよくないという方には、シルクのインナーがおすすめ。
お試しになったことのない方は、ぜひ一度お召しください。
身体にちょうどよい温度・湿度を保ってくれるので、急に気温が変化したり汗をかいたりして身体がついていかない時に、心強い味方になってくれます。

e0219353_2135498.jpg


ちょっと感覚的な話しになってしまいますが、なめらかにお肌と溶け合うようなシルクの着心地も、お肌からからだを癒やしてくれるような気がしてとても好き。

それから季節の変わりめは身体もデトックスモードになるので、肌があれがちなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
シルクはデトックスを促し、美肌効果もあるので、そういった意味でもおすすめです。

デコルテや背中の肌あれが気になると言っていた友人も、シルクのOscalitoを着るようになって改善されたそう。

見えない部分でもお肌の元気がないと、なんとなく気分もふさぎやすくなったりしますよね。
綺麗になったよ~と聞いてわたしもうれしかったです♪

e0219353_21362463.jpg


インナーに限らず、ナイティにシルクのスリップやガウンを着ることも、大人の女性のたのしみとご自身を慈しむ習慣のひとつとして、ぜひ取り入れてみてほしいなと思います。
朝晩気温がさがるいまの時期に着るシルクもとても気持ちよくて快適ですよ♪

※当店のシルク素材のアイテム一覧はこちらからどうぞ→


それから余談になってしまうけれど、気温があがってくるとむくみが出る方もいらっしゃいますよね。
(わたしもです!笑)

この時期はとくにミネラル不足でむくみやすくなるんですって。
急に汗をかくことが増えますものね。

毎日の食事と水分をたっぷりとることに気をつけて、そしてシルクを味方につけて、レイニーシーズンも健やかに美しくおすごしくださいね♪
[PR]
by lagouttesucree | 2014-06-18 21:44 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

待ち人


パリジェンヌの流儀、「デートの待ち合わせには少し遅れて行くべし」。

男性をちょっと待たせて会いたい気持ちを焦らせる演出なのかな、以前パリに住んでいた友人にそんなことをきいたことがあるのですが、ランジェリーも同じようでなかなか姿をみせてくれません。(笑)

フレンチシックなAbsolutely Pomさん、S/Sのサンプル到着お待ちしておりますよーーー。

e0219353_197680.jpg

e0219353_1972249.jpg

e0219353_1973465.jpg

[PR]
by lagouttesucree | 2014-02-24 19:12 | ランジェリーよもやま | Comments(0)
バレンタイン、雪になるところが多いのかな?
予報では大雪ですね、お出かけ予定の方はどうぞご無理なさらずに・・・。

バレンタインデーにむけて、女の子たちが準備の真っ最中なのかなって想像すると、微笑ましくてなんだかいいなって思います。

でもランジェリーに仕事として関わる者としては、男性にも受け身じゃなくってもうちょっと頑張ってほしい。
バレンタインって、けしてチョコレートの日じゃなくて、もともとはお互いに愛情や感謝を伝え合う日だもの。

パートナーや恋人から毎年チョコをあたりまえに貰っている皆さま、ちょっとしたお花やサプライズを用意してみませんか?
きっと女性もすごく喜ぶと思うの。

e0219353_2321975.jpg

(Fifi Chachnil)

ちなみに欧米では、バレンタインのギフト需要でランジェリーショップは大忙しなのだそう。(なんて羨ましい文化!)

バレンタインカラーの、ホットな赤いランジェリーを筆頭に、セクシーなブラックランジェリーエレガントなホワイトランジェリーなども人気です。

ちなみにギフトにスペシャルなランジェリーを贈る時のポイントは、「あなたが、彼女に」着てほしいものを選ぶこと。

パートナーからの意外なリクエストって、女性としては嬉しいものです。
彼がわざわざ選んでくれたんだって思うと愛しくなってしまって、じゃあ頑張ろうって気持ちになるもの♪

ガーターベルトにトライしてみたり、プレイフルなアイテムも、こんな機会ならLOVEなムードで受け入れてもらいやすいんじゃないかしら。
e0219353_2255932.jpg


こちらの記事もぜひご参考にどうぞ♪
Elle Onlineに掲載されたファッションジャーナリストの川原好恵さんの記事です。
【男の本音】女性につけてほしいランジェリー@バレンタインデーは?

アイテムによってはサイズ選びが難しいものもあるので、そこはぜひご相談を。
断然はりきってしまいます。(笑)

バレンタインに間に合わなかった方は、ホワイトデーを狙うべし!狙うべし!狙うべし!

e0219353_2332381.png

(Fifi Chachnil)

Happy Valentine's Day053.gif
[PR]
by lagouttesucree | 2014-02-13 23:24 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

感情とレースの狭間

新宿伊勢丹マランジェリーへ行ってきました。
お目当ては期間限定ショップの「N.SENS」

同業の方々から、すごく面白いランジェリーを作る女性がいるという噂をかねてより聞いていました。
晴れて今季よりデビューとのことで個人的にすごーく楽しみにしていたのです。

そうそう、Elle Onlineの「川原好恵の最旬ランジェリー通信」でも詳しく特集されていました。
デザイナーさんのインタビューもとても読み応えのある記事です。

e0219353_14352825.jpg

ブランドHPのコンセプトには、"女性の感性を揺るがすランジェリー"。
そしてイメージビジュアルの美しさときたら!

e0219353_14354480.jpg

インポートランジェリーが持つ感性とエッセンスを、日本のブランドとしてどう表現していくのか、また今後それを受け取る日本の女性達のランジェリーに対する意識変化も含めて、想像するととても楽しみです。

e0219353_14353819.jpg

images via N.SENS
早速全型(!笑)試着させていただいたのですが、フィッティングは完全にインポートのそれです。

アンダーはとても軽く、レースのストレッチでバストをナチュラルにホールドします。
ご興味のある方はぜひ体感しに行ってみてください♪
期間は10/8(水)までだそう。

ちなみに期間中の土日は、デザイナーによるランジェリー制作のデモンストレーションもあるそうです!
これは絶対見たい~~!と思っているので、わたしももう一度足を運ぶ予定。

デザイナーさんはパリでランジェリーを学んだ若い女性。
卒業制作で創作されたという、溜息もののオートクチュールランジェリーもガラスケースの中にディスプレイされていました。
マニアさん、必見です。寿命が延びたと感じるくらい美しいです。(笑)

売場にはN.SENSのランジェリーだけでなく、デザイナーさんがセレクトされたランジェリー関連の洋書や写真集なども展示・販売されていました。
小さなスペースだけれどランジェリー好きにはたまらないコーナーでしたよ♪

最後にわたしのお買い物自慢。じゃーん!
e0219353_14573942.jpg

ソフトブラとショーツなのですが、すごーくモードで格好いい。

e0219353_14594311.jpg

当店では扱っていないテイストだけれど、モダンでミニマルなデザインにも最近ひかれています。
着ると身体がほっそりみえるのもうれしい♪

e0219353_150062.jpg

あと、こちらは一緒に購入した「ecLa」のラグジュアリーなランジェリーシート。
購入したランジェリーと色をあわせてみました♪

このレースどこかで・・・と思った方は相当なランジェリーフリークさん。
ヒント。うふふ。
e0219353_1532140.jpg

e0219353_1533013.jpg


あのレースをランジェリーシートにしてしまうという発想が好きです。
美しいレースとランジェリーへの愛を感じるプロダクト。
繊細すぎて使うのがもったいないと思いきや、お洗濯に耐えられる丈夫さも侮れません♪

こちらも要チェックです!
[PR]
by lagouttesucree | 2013-09-27 15:09 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

雨の日にしのばせて

梅雨の雨。好き?苦手?

わたしは好き。
しっとりした雨の日のムードって素敵だしいつもよりゆっくり時間が流れるみたい。

だけどちょっとしたことで憂鬱な気分にもなりがちですよね。
足もとが湿気っぽかったり、髪がまとまらなかったり、眠かったり。

e0219353_167021.jpg

でもアンニュイなムードにあえて浸って過ごすのも悪くないし、雨の日ならではの秘かなたのしみを自分のなかにもっていると、一日がちょっと贅沢なものに変わると思うんです。

ああ憂鬱だなって思ったら、朝ランジェリーを選ぶときに、その日をどうすごそうかなって想像してランジェリーを選んでみて。
きっと気分が変わるはず。


例えば、雨によく似合うランジェリーをつけてみる。
それだけでいつもよりちょっと楽しく、風情も増して感じられます。

水彩画っぽいちょっと滲んだプリントは、水滴のついた窓のむこうの景色みたい。
e0219353_16104444.jpg

La Perla

霧がかかったような色を選んであえてアンニュイなムードをたのしんでみたり。
e0219353_16125048.jpg

Aubade "L'Insoumise" Mirage

e0219353_16114720.jpg

La Perla "Tomorrow"

More...(続きを読む)
[PR]
by lagouttesucree | 2013-06-21 16:20 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

毎日を"ちょっと特別"にしてくれる 、秘かなドレスアップの愉しみ。洗練されたランジェリーやうっとりする肌触りのルームウェアを扱うセレクトショップです。HPはこちら→ http://www.lagouttesucree.com/


by lagouttesucree