カテゴリ:雑記( 22 )

幸せな香りのするひと

先日友人と出かけたときに、香りの話しになりました。

なんだかよくわからないけど、すごく惹かれる匂いのする人っているよね。
よい香りというのとはまた別で、ずっと「嗅いでいたくなる匂いの人」。

それから異性からこの香りがするとぐっとくるとか、好きな香りや香水の話し、今までに好きだった人の香り、逆に苦手な匂い・・などなど。

惹かれる異性の匂いとDNAの関係については有名ですが(DNA的に自分とより異なる異性の匂いに惹かれる)、好きになった人の共通点って何かある?なんて話しもしたり。

e0219353_13241210.jpg


そんな話しのなかでふと思い出したのが、身のまわりの香りのこと。

出荷担当のドライバーさんが3-4人いるのですが、帰られたあと玄関に残る香りに特徴があって。

大変に男っぽい匂いのひと、タバコの香りがするひと、お菓子の匂いがするひとなど。
そのなかにひとり、とても印象的な香りのかたがいます。

不愛想で、必要なこと以外話しもせず、表情の変化にも乏しくて、あまり楽しそうには見えないかた。
たいへん失礼なのですが、勝手な想像で、きっと独り身であまり遊んだりもしなくって、淡々と毎日を送っているんだろうなあ、という印象のかたでした。

でもある時、そのひとが帰った後の玄関の残り香が、とてもよい匂いがすることに気が付いて。

洗いたての洗濯物に、チャンダン(ビャクダン/サンダルウッド)のお香が混じったような香り。

家族に愛され、充実していて毎日幸せに暮らしている、そんな想像ができる香りでした。

もともとの彼の印象とは対照的な香りで、そのギャップがとても意外で。
果たして彼はどんな人なのでしょうね?
謎は謎のままのほうが面白いのかもしれません。(笑)

e0219353_13151264.jpg


さて、話しを戻すと、前述の友人と話していたときに、わたしがとてもよい香りがすると言ってくれて。
悪い気がしなかったのですが(笑)、その時は香水もつけていなかったので何の香りかねえなんて話しになって。
どうやらルームミストか洗剤の香りではないかと思いあたりました。

ルームミストは、ちょっと気分を変えたいときに部屋にシュッと吹くのが癖?になっているのでその香りが服についているのかも?とか。
e0219353_13152760.jpg


あとは洗剤かしら??
ユーカランをふだん使っているので、ふんわり香りが残っているのかもしれません。
e0219353_13174815.jpg


とくにジャスミンの香りは、本物とまちがえて時々テラスにミツバチがやってくるほどなので(本当に!)。

最近はあんまり香水で遊ぶことをしなくなってしまったけれど、わたしも「幸せな香りを残すひと」だったらいいなあと思います。

夏向きの香水も、久しぶりになにか探してみようかしらね。
[PR]
by lagouttesucree | 2016-05-18 13:29 | 雑記 | Comments(0)

悩ましげな仲間たち

仕事をしていて一番悩ましい作業は何かというと、やっぱり発注につきる気がします。

早くも今週、2016 秋冬コレクションのオーダー第一弾の締め切りがあるので唸っています。

アレもコレも素敵だけれど、どうしたって全部は発注できなくて。
泣く泣く削るときの悲しさときたら。

でも同時にとても楽しい作業でもあります。
たくさんのかわい子ちゃんのなかから、コレ!と思う特別光るこを見つけ出す楽しみとでもいいましょうか。

e0219353_22333343.jpg


資料とにらめっこしながらの本来ならとても孤独な作業なのですが、個人オーダーをご検討中の顧客さまがお問合せくださるのがうれしくて。

同じく唸っているランジェリーラヴァーズがいる!と思うと、なんだか悩ましさとともに楽しさが増します。(笑)

悩みぬいてオーダーのご連絡をくださったかたも、今回はスキップされたかたも、メッセージをありがとうございました。

オーダーをつけてくださった皆さまには、本日ご連絡をさしあげました。
どのオーダーも「らしい」セレクトで、きっとお似合いになるだろうな、と拝見していてウキウキしました♪
もしオーダーの確認メールが届いていない場合はご一報くださいね。

(※恐れ入りますが、諸事情から新規のかたの個人オーダーは承っておりません。ご了承ください。)
[PR]
by lagouttesucree | 2016-02-02 22:37 | 雑記 | Comments(0)

おしらせ

1/23(土)-25(月)にお問合せくださった皆さまへ。

ただいま業務がたてこんでおり、お問合せのお返事に時間がかかってしまっております。

1/26(火)中までに一度ご連絡さしあげますので、恐れ入りますが少々お時間をいただけましたら幸いです。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

e0219353_2232897.jpg

[PR]
by lagouttesucree | 2016-01-25 22:32 | 雑記 | Comments(0)

おぼえがき

先日アートを巡る旅に参加させていただいた際お世話になったかたから、最近いただいた言葉。

"感性は年齢とともに衰えるというよりは、案外開かれていくのではと実感できる時間でした。 未来にも期待です。"

ひとまわりほどでしょうか、人生の先輩からこぼれた言葉がとてもうれしかったので、忘れないようにメモしておきたくて。

アートとランジェリー、女性性、そして和文化について、頭のなかがざわめいているこの頃です。

e0219353_14401137.jpg

[PR]
by lagouttesucree | 2015-09-17 14:41 | 雑記 | Comments(0)

道草

今週末のイベントのお花をどうしようかな...と考えていて、テーマの「二面性」に関連するお花を探していたところ、こんなこをみつけました。
e0219353_15203961.jpg

花弁の先が糸のように繊細で、レースのよう!

何のお花かご存知の方、いらっしゃるでしょうか。
カラスウリのお花だそうです。

花言葉は、「二面性」。そして「男嫌い」。(なぜ?笑)

夏に、夕方から咲き始め明け方にはしぼんでしまうお花だそう。
カラスウリというと可愛らしい実のイメージばかりで、お花を見たことがそういえばありませんでした。

昨年の夏、ある島にいったときにレースの残骸のようなしおれたお花をみかけて気になっていたのだけれど、もしかしてカラスウリだったのかも・・・。
この夏は夜の散歩がてらカラスウリのお花を探してみようっと。

イベントに関連して、調べ物をしたり思わぬ道草をするのもまたたのしみのひとつだったりします。

さて、ほんとにお花、何にしよう。
[PR]
by lagouttesucree | 2015-03-24 15:29 | 雑記 | Comments(0)

おとなのオリーブ

今回のGINZAがOlive特集ということで、どうしたって気になって。

e0219353_12183047.jpg

まだぱらぱらと目を通しただけなのですが、なんだか涙があふれそうになりました。
薄れかけていた気持ちとか色んな大事なことを、もう一度思い出させてもらったような気がします。

自分のお店にとっても大きなヒントをもらった気分。

"もっとちがったランジェリーショップがあったっていいんじゃない?"という気持ちからお店をたちあげましたが、この心の底にあったものも、オリーブ的スピリットだったのかもしれない、などと思いました。
一抹の気恥ずかしさとともに。

3月末のイベント前に、素敵なタイミングでこの愛ある特集に出会えたことに感謝しつつ。

表紙が、エレクトリックブルーのランジェリールックなのもうれしかった!
[PR]
by lagouttesucree | 2015-03-20 12:28 | 雑記 | Comments(0)

2015 A/W Collection 速報

すっかり陽射しも春めいてきたこの頃ですが、今週は早くも2015A/W Collectionの展示会ラッシュ。
秋冬コレクションをたくさんみてまわってきました。

興奮のあまりすでに頭がパンク気味なのですが、来週もまだ展示会があるので、おいしいものを食べて体力と気力を養わなくては。

e0219353_11584935.jpg

e0219353_1272245.jpg

さて、グッドニュース。
また来季も新しく心躍るようなブランドをご紹介できそうです♪
(ひとつはUKのもの。もうひとつはイタリアのブランドです。画像は過去コレクションのもの。)
いつも素敵なブランドをご紹介してくださる取引先の皆さまに感謝。

e0219353_121445.jpg

e0219353_1211360.jpg

プライベートオーダーを心待ちにしてくださっている顧客さまには、週明けにご案内をさしあげますので、もう少々お待ちくださいね♪
(新しいブランドについては、恐れ入りますが今回はプライベートオーダーの対象外です。)

また、展示会シーズンと連動しておこなっている当店の恒例イベントも、今月末開催いたします♪
今回は3/29(日)-30(月)の2Days。
日曜日はスペシャルゲストもいらっしゃる予定です♪
こちらも詳細は来週お知らせいたします。どうぞおたのしみに!
[PR]
by lagouttesucree | 2015-03-15 12:03 | 雑記 | Comments(0)
ランジェリーショップをやりたいのですが・・・と、メールに書き添えてくださるお若い方がここのところ何人かいらっしゃいましたので、ちょっとイベントのご紹介がてら書いてみます。

たいそうなアドバイスなど本当にできないのですが、ひとつ言えることがあるとしたら、ぜひ色んなお店に足を運んだり、デザイナーやディストリビューター、フィッターに会いに行ってみてください。
きっといろんな気づきがあるかと思います。

そしてもう少しディープにランジェリーに関わりたいと思ったなら、やはり実際に商品に触れて着て、お買いものしてみることもとても大切かと思います。

来週ちょうど「LINGERIE+」というランジェリーの展示会があります。
e0219353_22371122.jpg

3/14は[OPEN SHOPPING DAY] で、どなたでも入場可能だそうです。
ご興味のあるかたはぜひ足をはこばれてみては?

もちろん、この日はお買い物をしたいランジェリーラヴァーズもたのしめる一日だそう。
(アウトレットやサンプルセールをするブランドも一部あるようです♪)

熱意ある新しい世代のチャレンジに期待しています。
今までにみたことがないような、色んな個性のあるお店が増えたらたのしいですよね!
[PR]
by lagouttesucree | 2015-03-06 23:00 | 雑記 | Comments(0)
仕事をしながらラジオを聞くのがたのしいのです。

以前タモリさんの「われらラジオ世代」(?うろ覚え)に、久保ミツロウさんと能町みね子さんがゲストで来ていた会が印象に残っています。

タモリさんのワイン嫌いは有名ですが、「ワインが嫌い」って公言していたら、ワイン好きの方が「そんなに言うならこれはどうだ」と、素晴らしいワインを最高の状態で飲ませてくれた。
びっくりするほど旨かった。

とか、

「ブランデーも嫌い」って公言していたら、とても稀少なブランデーがあるお店に入荷したとき、わざわざ電話がかかってきた。
せっかくなので予約してシングルで10万円する一杯を飲んだ。
これがまた、ものすごく旨かった。

でも自分はこの一杯でブランデーは充分だ。
もう最高のものを知ってしまったから、他のものはいらないんだよね。
そう考えると最高のコストパフォーマンスだ、というお話しをされていました。

愛嬌のあるへそ曲がり具合に笑ってしまうんだけれど、この話しで思い出したのが友人のこと。

e0219353_12211731.jpg


数年前。ランジェリーイベントを開催した時に、ある友人に声をかけてみました。

その頃わたしはランジェリーの仕事をしていることを周りにほとんど言っていなかったので、迷ったのだけれど。
とってもチャーミングなのにいつも三枚目を好んで演じるところのある、シャイをこじらせたような彼女に、秘かにランジェリー好きになる要素を感じていたからでした。

その彼女が初めてインポートランジェリーが並んでいる空間に来た時、選んだものをいまでも覚えています。

彼女が手にしていたのは、ボルドーの一枚レースのVerde Veronica。

その日、持っていった商品のなかで、最高のものでした。

e0219353_1223252.jpg


フィッティングのバランスも彼女の性格やファッションにぴったりで、その感性や審美眼に、うれしい驚きと興奮を覚えたのでした。

e0219353_12213176.jpg


ただ、サイズもぴったりでとてもよく似合っていたけれど、その時わたしは購入をとめました。

最初にそのランジェリーを買ってしまうと、きっと他のものでは満足できなくなると思ったから。
そして価格的にも、最初の一枚にはちょっと高価すぎると思ったから。

そのことを話して、もう少しお手頃で他に似合いそうなものもすすめてみましたが、結局彼女のファーストインポートランジェリーは、そのVeronicaになりました。

e0219353_12233280.jpg


最初に買うインポートランジェリーって、特別な思い入れのあるものになります。
(選び方を間違えなければ、たぶん。そのためにフィッターがガイドすることもきっと大事ですね。)
自分の魅力を強烈に認識する、原体験になるから。

その後、彼女は少しずつ自分自身の女性らしさや魅力を受け入れはじめたように感じています。
きっかけはもちろんランジェリーだけではないのでしょうけど、最近は会うたびに綺麗になっているから、会えるのがうれしい。(笑)

e0219353_12351881.jpg

(Photos by Niko) ※画像は10月のイベントの様子です。 Special Thanks to Niko!

タモさんのラジオを聞いていて思ったのは、あの時購入をとめたわたしは野暮だったな、ってこと。(笑)

最初の一枚で最高の体験をできたなら、それは本当に得難いものだということ。

その後のランジェリー選びも、最高の物をまず知って、そこを規準に必要なものを適宜選べるようになるというのは、結果的にコストパフォーマンスもよいのではないかということ。

自身の魅力に気付いていない女性にとって、最短で、その美しさを底上げする手助けができるのではないかということ。

e0219353_13102552.jpg


なので、声を大にして言いたい!

美しいインポートランジェリーが欲しいけれど躊躇しているかたへ。

もしその躊躇の原因が値段ならば、それはとてももったいないことかもしれません。

もしその躊躇の原因が、自分のからだへのコンプレックスや自信のなさなら、一度最高のものを試してみるべきです。

今年は一年がんばったご自身のために、ぜひちょっと背伸びをして、「ご褒美ランジェリー」を試してみてください。

オンラインショップのものが言うのもなんですが、できれば、お近くの百貨店やランジェリーショップへ足を運んで選んでみてください。(笑)
最初の一枚はとくにフィッティングが大切です。

もしお近くにショップがないなら、当店はオンラインショップですが、サイズのご相談をいただければ、できる限り力になりたいと思っています。

e0219353_1238733.jpg


「ご褒美」って言葉は、散々消費しつくされている言葉のように感じて使うのに結構勇気がいるんですけれど、大好きなインポートランジェリーたちを自信をもっておすすめしたいとあらためて思ったのでこの記事を書いてみました。
[PR]
by lagouttesucree | 2014-12-12 12:09 | 雑記 | Comments(2)
梅雨~夏のこの時期、洗濯ものが乾きにくかったり、洗濯の回数や量が増えたりで、お洗濯が少しわずらわしく感じることもありますよね。

大切なランジェリーたちを綺麗に永くお召しいただくためにも、着用後はできるだけ早めのお洗濯がおすすめなのですが・・・、わかっちゃいるけど億劫になりがち。(笑)

e0219353_254287.jpg


e0219353_255485.jpg


そんな方におすすめしたいのが、「ちょっとよい洗剤」を使うこと。
好きな香りや使用感のもの、ボトルが素敵なもの、選ぶ規準はなんでもよいのですが、とにかく自分が「触れていて気持ちの良いもの」を選ぶと、お洗濯の時間がちょっぴり特別なリフレッシュタイムに早変わりします♪

e0219353_2551552.jpg


やさしい香りにつつまれて、綺麗なランジェリーをお水のなかで泳がせて、その手触りや水の感触、レースがゆらめくさまにうっとり・・・しているうちにお洗濯が完了!

日常のなかの非日常を演出して、お手入れタイムをいっそうっとりタイムに変えてしまいましょ♪

e0219353_23364060.jpg


当店ではランジェリー用洗剤として香りの良さとやさしい使用感でわたしもずっと愛用している「ユーカラン」をおすすめしています。

香りも4種類あるので、その日の気分やシーズンごとに使い分けるのもたのしい♪

個人的そして感覚的(笑)おすすめは、すっきりしたいときやひんやりした水の感触をたのしみたいときは「ユーカリ」、やさしい気分やゆったりりムードになりたいときは「ラベンダー」、リフレッシュ&明るい気分になりたいときは「グレープフルーツ」、うっとりロマンティックな気分になりたいときは「ジャスミン」。

わたしは基本的に2本を使い分けています。
「ジャスミン」または「ユーカリ」を基本に、もうひとつ。の組み合わせがこの頃多いかな。
2本のうちどちらかが無くなったら、その時の気分でまた別の香りを買いたしてローテーショーン。
そうすると飽きがこなくて、お洗濯タイムが苦になりません。

e0219353_1505397.jpg


ちなみにこのジャスミン、「花の精油の王」ともいわれるとても贅沢なアロマオイルを使用しています。
ほんとにナチュラルなジャスミンの香りがするので、部屋干ししているランジェリーのそばを通るたびうっとりします♪

そして、気分的なことだけでなく、もうひとつ気に留めてほしいのは、「シルク」のものを洗うときに、一般的な「おしゃれ着用洗剤」は適さないということ。
案外ご存知ない方が多いのですが、お手持ちの洗剤の裏側をチェックしてみて。
シルクは「不適」だったり、「ウォッシャブル加工のシルクに限り可」などの表記があるはずです。

こういった洗剤でも物理的に洗えないことはないのですが、シルク特有の色の「黄変」や「くすみ」が出やすくなります。

気にならない方はよいのですが、インポートランジェリーの特徴のひとつはその発色の美しさにあるので、できれば「シルクに適した洗剤」のご使用がおすすめ。
より永く美しい発色と風合いをたのしんでいただけますよ♪

e0219353_2552740.jpg


そしてもうひとつ意外な?使い方も。

ユーカランはウールやカシミア等の動物性繊維を洗うのにも適しているのです。
ユーカランのネーミングは、「ユーカリ」と「ラノリン」を組み合わせたものなのですが・・・、以下抜粋。

"この「ラノリン」とは、羊毛などに付着している脂質成分を精製したもので、古代ギリシャやローマ、エジプトにおいてはこの脂質成分が人の肌に優しく化粧料や医薬品として利用されていたと言われています。
ウールやカシミアは、お洗濯のたびにラノリンが失われていきますが、それを補いながらお洗濯をすることによって、大切な衣類を永く楽しむことができます。"

・・・というわけで、動物性の繊維がふんわりやわらかく洗い上がるのです。

そして、当店HPではあえて記載していないのですが、「洗えるもの」としてユーカランがすすめているもののなかに、実は「ペット」という項目があります。(笑)

わたしはペットを飼っていないので試したことはないのですが、香りが残るのはどうなんでしょうね?大丈夫なのかしら??

ただ、この項目から、動物の毛全般にどうやらむくようなので、わたしはメイクブラシを洗う時にユーカランを使っています。

10-15分つけおきして、軽く振り洗いして、2回お水をかえてすすぐだけ♪
あとは形をととのえてぶら下げるか平置きでよく乾かします。(たてて乾燥させるのはよくないようです)

ふわふわ&ほんのり香りが残ってとても気持ちの良い洗いあがりです。
そういえばしばらくメイクブラシのお手入れをしていないなあという方は、ぜひお試しあれ♪

毎日お肌に触れるものなので、シャンプーで洗うのに抵抗があったり、石鹸だと毛がごわつく感じがきにいらなかったり、という方にはとってもおすすめですよ♪


当店のユーカラン商品一覧ページはこちらです→


e0219353_2595754.jpg

[PR]
by lagouttesucree | 2014-06-27 08:00 | 雑記 | Comments(0)

洗練されたランジェリーや美しくフェティッシュなアイテム。とっておきのお菓子のように毎日を"ちょっと特別"にしてくれる 、秘かなドレスアップの愉しみ。


by lagouttesucree