人気ブログランキング |

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ


春から初夏にかけての空気が好きです。

香りや光が移り変わっていくのが楽しくて、いつもと違う道を通ったりバスに乗らず歩いてみることが多くなります。

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_12551690.jpg

近頃ご近所では、クスノキやみかんの花の香りがとっても素敵!

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_12570278.jpg

アトリエのテラスでは、バラのほかに今年はジャスミンとハニーサックルがよく育っています。

よい香りでからだが満たされるとなんだかちょっと美人になったような気分になりますね。(笑)


コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_12575589.jpg

さて、気持ちのよい季節、お洒落にも少しづつ開放的なムードをとりいれたくなってくる頃。

インナーもすっきり衣替えしたいところ。

というわけで、今日は天然素材のインナーの使い分けについてのトピック。

コットン派とシルク派、両方使う派、といらっしゃると思うのですが、私自身はこんな風に使い分けています、というお話しです。
ご参考になったら幸いです♪

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_12583046.jpg









コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13090273.jpg

【コットン】

なにしろ爽やか!
ふんわりさっぱりした肌触りが魅力。

この素材の気持ちよさが一番発揮されるのは、「初夏」ではないでしょうか?

活動的になってくる気持ちと体に、とてもしっくりきます。

お天気がよいとき、心地よい風が抜けていくとき、コットンの肌触りって本当に格別。
心を解き放ってくれますね。

ついで、少し涼しくなってきた「挽夏~秋」も気持ちよいですよね。

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13001092.jpg

盛夏はというと、私はコットンのインナーは実はあまり手に取りません。

夏の酷暑がここ数年続いているのが原因。

汗で濡れたコットンインナーはなかなか乾かず冷房で冷えてしまうことが増えて、真夏はシルクに切り替えました。

そして暑さが少しひいた秋口に、またコットンの出番。
涼しくなった空気や虫の音に一抹の寂しさを感じたりする頃、またコットンが肌に心地よく感じます。

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_09435917.jpg
というわけで、汗びっしょりになってしまう時期は、速乾性の面で勝るシルクのほうに軍配が。

真夏もコットンがいい!かたにおすすめするなら、「ガーゼ生地」のもの。かな。
これだと空気が抜けるので乾きが早いです。

お手持ちのインナー、洗濯をして同時に干して経過観察すると面白いですよ、よかったら試してみて♪


コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13084958.jpg

どれが乾きが早いかということを把握しておくと、猛暑のツライ時期もインナー選びで快適度をあげることができます。
(夏...考えたくないですね… 笑)





コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13112876.jpg


【シルク】

シルクはなんだかんだと「一年中」おすすめ。

汗で生地が傷んでしまう気がして以前は真夏の使用を避けていたのですが、なんのためのインナーなのかと考えた時に使い惜しんでいるのは本末転倒だなと感じるようになりました。

結局それでとくに生地の劣化が早まったような感じもありません。

(ローテーションの頻度にもよるかもしれませんが。夏は同じものを週に1-2回程度の頻度で着ています。)

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13045191.jpg

夏にからだに沿うインナーを選ぶ時のポイントは、フラットな生地より凸凹のあるもののほうが、肌にはりつかず着心地が軽いという点。

好みにもよりますが、私自身は面で湿った生地があたっているとかぶれてしまうので、リブ生地が好きです。

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13120475.jpg

Oscalito のシルクリブのインナーは、適度にシャリ感があって肌離れもよく、真夏でも気持ちよくておすすめ。

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13100721.jpg


一方、同じシルクでも、つやつやしたシルクサテンの生地はしっとりなめらか。

適度な温度・湿度を保ってくれるので、気温差の大きい「季節の変わり目」や「梅雨どき」に特に気持ちよく着られます。

あとは、「乾燥しやすい冬」もおすすめ。
静電気もおきにくく、お肌を乾燥から守ってくれます。

コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13142654.jpg

もし夏にシルクサテン生地のスリップやキャミをお召しになるときは、「ストレッチの入ったもの」か「適度なゆとりのあるもの」、を選ぶことをおすすめします。

汗で肌にくっついた時に適度なゆるみ・ゆとりがないと、動いた時つっぱる感じがでてしまうので。


↓ストレッチシルクサテンの例(生地自体に伸縮性をもたせています)


ストレッチ性の繊維を混ぜていない100%シルクの場合は、バイヤスに生地をとってあるもの(※)、とくに胸まわりにゆとりを持たせたつくりのものを選んでいただくと汗をかく季節も快適です。

(※)
生地にはタテ・ヨコの向きがあるのですが、これを斜めに裁断しているものは生地に自然なしなりが出ることでストレッチ性を持たせられます。

手に取ってバスト部分を軽く左右に引いてみてください。
この時によくしなって伸び、手を離すとまたもとに戻るものは、しなやかにからだの動きについてきてくれます。

ちょっと確認してみると着心地がよいものを選べるはずです。

この、からだをゆらぎのある立体としてとらえた胸~背中まわりのパターンや仕立ては、インポートにとくに優秀なものが多いように感じます。


↓100%シルクの生地をバイヤスにとっているもの(胸まわりのパターンが◎)







コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13163847.jpg


とくに天然素材にこだわらないというかたは、新素材もどんどん開発されているのでお試しになってみるとよいかと。
涼感インナーや保温インナーなど、新しいものが毎年出ていますよね。
体にあうものが見つかったらラッキー!


ただ、なんとなく肌トラブルが常態化しているかたは、一旦インナーを見直して天然素材のものをひとつは持っていて欲しいなと思います。

アラフォー以降は特に年々体質も変わってくるので、不調を感じるときに信頼できるインナーを持っておくと安心です。


コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13150743.jpg

ちょっと話が変わるのですが、冬場に発熱系素材と相性が悪いのに気づかず使い続けて、お肌の乾燥や痒みがひどくなるかたがいらっしゃいます。

これは天然素材のものに変えていただくことで改善する場合があります。
(私自身がそうだったのですが)

というのも、発熱系の素材というのは汗に反応して発熱するので、発汗→温かい状態→どんどん発熱→発汗のループに陥ることがあるからです。
乾燥してしまうのは当然ですよね。

とくに就寝時の着用は健康のためにも避けてくださいね。


コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13180487.jpg

素材の改良も日々すすんでいるので大丈夫なかたは気にしなくてよいと思うのですが、肌トラブルが出やすいかた・体調不良が出やすいかたは、新素材をお試しになるときは少し調べてから。

調子が悪いと感じたら一旦信頼できるいつものインナーに戻す、などしながら見極めてください。


コットン or シルク? -天然素材インナーの使いわけ_e0219353_13182286.jpg

皆さまの「私はこんなふうに使っているよ~」、「コレよかったよ~」などもよかったら聞かせてくださいね。


これから梅雨~夏の猛暑へと季節が移っていきますが、体調に気を付けて、日々健やかに、美しくお過ごしいただけますように!













by lagouttesucree | 2019-05-20 13:26 | ランジェリーよもやま | Comments(0)

毎日を"ちょっと特別"にしてくれる 、秘かなドレスアップの愉しみ。洗練されたランジェリーやうっとりする肌触りのルームウェアを扱うセレクトショップです。


by lagouttesucree